• 歯と心とからだの話し

歯科治療で、自由診療(自費診療)の流れはどのようなものか知りたいと思っている方はいらっしゃいませんか?

ここでは自由診療専門の歯科医院で実際行われている初診の流れを細かくお伝えいたします。

リンク自由診療と保険診療の違いについて知りたい方はコチラ

【歯科】自由診療の流れ ◇実際の例をお伝えします。

【自由診療】通常の初診の流れ

主訴のある方や口腔内の健康診断を目的の方 

※初診の前にセカンドオピニオン30分¥5,000(院長)、もしくは歯科セラピストによる無料治療内容説明(電話も可)を行うこともできます。

本人確認 
問診票・生活習慣アンケートの記入 

【院長】
問診 
口腔内診査と記録
口腔内のレントゲン(デンタル)10枚法 
レントゲンを確認しながら院長から説明 

【衛生士】 
記録用の口腔内写真

【院長】
歯周検査(ポケット検査)
マイクロによる口腔内検査(別途ディスプレイ使用)
主訴の確認
全体の説明

【衛生士】
主訴の治療説明(見積もり)

問診から診療まで院長が直接行い、検査・治療説明など衛生士、助手、歯科セラピストでサポートします。

90分 ¥25,000(税別)

【精密初診】歯科健康長寿/アンチエイジングプログラム

歯周病が進行していたり、糖質摂取の多い方、失活歯のある方。

または口腔内の精密な検診を希望の方【PMTC付】

通常の自由診療初診にプラスして行う項目

CT撮影
位相差顕微鏡で細菌を確認
唾液によるストレス検査
唾液によるリスク検査
血液検査(ランセット)
PMTCクリーニング(別途60分/当日または別日要相談)

半日かけて行う歯科の精密検査と口腔内クリーニングの内容となります。

お身体の状況やご都合に合わせて日を分けて行うことや、合間に歯科セラピストによる施術を挟み、疲労や負担の少ない状況で進めることも可能です。

180分〜200分 ¥55,000(税別)

【審美初診】主にホワイトニング・インビザライン矯正をご希望の方

ホワイトニングやインビザライン矯正をすぐにお考えの方

審美初診の前に無料カウンセリング(衛生士担当)を行うこともできます。

本人確認 
問診票・生活習慣アンケートの記入 

【衛生士】
審美問診
口腔内診査と記録
記録用の口腔内写真
模型型取り(嘔吐反射ある方などは省く)

【院長】 
口腔内レントゲン(パントモ)撮影

【衛生士】
歯周検査(ポケット検査)
全体の説明

問診から診断まで衛生士が行い、歯科医師が行う必要のある項目のみドクターが行います。

60分 ¥10,000(税別)

【歯科初診】保険と自費 それぞれのポイント

【保険診療】初診のポイント

  • 通常30分程の医院が多い
  • 保険が適応されることにより、治療費は¥5,000以内程度
  • 説明時間などを取れない場合が多い
  • 保険で決められた検査のみ行う
  • 歯周検査でのポケットは1点法で行うことが多い
  • 問診・検査や審査など衛生士が行う場合もある

【自費診療】初診のポイント

  • 60分以上、長いところでは180分〜半日程度
  • コミュニケーションをとりながら十分な時間を取って行う
  • 金額は各医院、内容によって異なるが¥20,000〜¥100,000程度
  • ※当日の治療は例外を除き行わないことが通常です
  • 歯周検査でのポケットは5点法で行う事が多い
  • 保険に囚われず最新の機器を使った検査や病気に対する考え方に基づいた審査・診断を行う
  • 治療に関わる審査や診断を担当ドクターが行う
  • 各分野の専門のスタッフが在中している

まとめ(*´-`)!!

今回は私が勤めている自由診療専門の歯科医院の初診の流れを例として使用し、多くの保険診療の医院と比較しながらお伝えしてまいりました。

私は歯科セラピストとしていつも必ずお話しさせていただくのですが、決して自費診療が絶対で、それを選ばなければいけないと言っているわけではありません。

今の生活のスタイル、お仕事の状況や治療にかけられる金額、様々なことを考えた上で、治療や予防を理解していただき、自分にあった治療を選択していただきたいと思っています。

今は歯科医院が各駅に数件あるのが当たり前になっているほど多く存在しています。

口腔内の健康はご自身の健康に直結していると言ってもおかしくありません。

あなたが末長く健康で笑顔でいられるよう、是非ご自身にあった歯科治療や、歯科医院を見つけるお手伝いができれば嬉しく思います。

歯科セラピスト かぜ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です